リガメントエクササイズ&フェイスリフティング

リガメントとは

正式には、Retaining Ligament(支持靭帯)の事です。

図の白い部分がリガメントです。

顔には上記のように様々な支持靭帯があり、骨・筋肉・脂肪・皮膚を繋いでいます。
日常の様々な表情や加齢と共に顔の靭帯が固くなり弾力が低下したり、支持力が低下してたるみの原因となります。

脂肪はリガメントによって各区画に分けられ支えられています。

顔の脂肪は上記のようにコンパートメント(分画)に分かれています。たるみが起こると腹の皮膚のように一塊にベロンと垂れずに、ほうれい線やマリオネットライン、ゴルゴラインなど特徴的な顔貌になるのはたるんだ脂肪や皮膚が分画ごとに支えられているからです。

顔の筋肉も、足や肩周りと同じように、日々の色んな表情によって凝っています。
そして、顔の表情クセが老け顔の原因の一つでもあります。
加齢につれてバギーアイやマリオネットラインなどの特徴的な線がでるのは、リガメントが皮膚や脂肪のストッパーとなっているからです。
また、法令線のできやすさは骨格以外に頬骨周囲の組織のたるみによる下垂が主な原因です。
ですが、大頬骨筋や小頬骨筋、上唇挙筋など上方向の筋肉を収縮させることにより、接触する頬部の脂肪やその上の皮膚の重力による下垂をある程度予防することができます。
それは、筋肉が唯一上方向に動ける組織だからです。

そこで、顔の筋肉を正しく効率的に動かし中顔面のたるみ防止・改善を目的としたのが“フェイスリフティング”です。
そして、その“フェイスリフティング”の効果をより高めるために行うのが、“リガメントエクササイズ”
運動や筋トレの前にストレッチをするように、フェイスリフティングの前にも顔の筋肉をほぐすことで筋肉の動きがでやすくなります。
筋肉をほぐすには起始停止部位のリガメントを緩めることがストレッチの常識なんです。
これは、リハビリテーションでも日常的に行われています。
それをここでは、“リガメントエクササイズ”と言います。

「リガメントエクササイズからのフェイスリフティング」をすることで、自力で顔のたるみ防止をしていきましょう!

まず、リガメントの骨付着部位をほぐします
      
周辺の筋肉のこわばりの改善&弾力性up
法令線に関してはこちら
      


頬骨に付いてるリガメントが繋がる、
上唇挙筋、口角挙筋、大頬骨筋、小頬骨筋にアプローチできます。
顔の筋肉は上記のように3層構造に重なり合っています。身体の筋肉との違いは筋肉が骨以外に他の筋肉や皮膚に付着していることです。そのため筋肉の動かし方次第でダイレクトに表情につながります。顔の筋肉でも深層にある筋肉は骨に付着しています。(上記の上唇挙筋や口角挙筋など)骨の付着部が靭帯(リガメント)となって骨と筋肉を繋いでいます。

天現寺ソラリアクリニックでは、
自分ではなかなかほぐし方がわからないかた向けに、
以下のメニューをご用意しております。

フェイスリフティングコース

  1. リガメントエクササイズとフェイスリフトレーニングのご指導
  2. テノールによるリガメント周囲に集中して熱をいれる事で、上記の上方向の筋肉の動きを出しやすくします。(30分)
  3. エンディメッドプロRFで顔全体のコラーゲン生成アップ(30分)

特別価格

この"フェイスリフティングコース"を
テレビをご覧いただいた方には特別価格でご提供させて頂きます。
通常料金84,000円 特別価格49,800円

またテレビをご覧いただいた方限定で、眼瞼下垂手術を
通常料金300,000円 特別価格198,000円
にてご提供させて頂きます。